岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」。四季折々の季節を告げる木々と小川のせせらぎに包まれた小さな森の中で、おいしい・のんびり・たのしい時間をお過ごしください。

恵那は全国的にも「栗のまち」として
知られています。


日本百名山のひとつといわれる恵那山。その麓に拡がる東濃地方、恵那・中津川には、中山道を通じて東西の文化が行き交い、四季折々の山の恵みをいただき、豊かな食文化が根付きました。


なかでも秋の収穫時にしか味わえない栗きんとんはまさに山の幸。季節が来れば、和菓子屋さんならどこでもお店に並ぶもの。シンプルな素材でありながら、お店ごとに微妙な違いがある、と舌の肥えた人たちは語り、恵那からの季節便りとして、親しい人に贈ります。

美栗舎は、伝統ある栗きんとんをはじめ、おまんじゅうやどら焼き、栗蒸羊羹など栗づくしと四季折々の風情があります。今日も職人が素材を吟味し、ひとつ手をかけて作っています。


この地に住まう人にとって栗は子どもの頃から身近にあるもの。山にいけば、山栗が実り、どこのおうちにも庭木の一本くらいは栗が植えてありました。そして、秋になればはじけて落ちた栗を拾い、みんなで栗を囲んで、ひとつひとつ栗の実を掘るんです。そうして、おかあさんが栗ごはんを炊いてくれたり、茹でておやつに食べたり。
だから決して贅沢な素材ではありません。いつのまにか上等の和菓子として、知られるようになったのがちょっとくすぐったいくらいなんです。
そんな栗のまち、恵那。でもやっぱり、自慢の栗のお菓子にはちょっとこだわる土地柄なのです。

ページトップへ